出会い系によくいる最低な男の特徴とは?

出会い系アプリで活動するメンバーの実態ブログ

MENU

出会い系によくいる最低な男の特徴とは?

話は合う。口説くために高い店につれていかれた。お金が続く訳がないのでその時点で私はアウト。

 

「居酒屋でいい」といっても、こっちがかしこまってしまう店

 

それが最低という意味ではない。

 

その男、口説いて落として付き合ったら、どうしてか浮気してしまうと自白。

 

その上、何人も妊娠させているらしく(堕胎させている)「いっちゃいけないと思うんだけど本当に俺の子?ってきいちゃう」

 

その上で「これ以上お金が続きませんので付き合ってください」と土下座。

 

出会い系によくいる最低な男の特徴とは?

いや、散々話してそれ無理だろ

 

私居酒屋でいいって何度いった?

 

そうやって何人に土下座して、成功した?ばかじゃん。

 

最低なのは孕ませて、俺の子?って…
つきあう女、やる女も女なのではあるが。

 

これが最低。

 

次にクソ。

 

チョコレートファクトリーにいったことない。いってみたい。そんなぼやきから、男性が連れていくといってきかなかった。新札で待ち合わせたら車。まーしゃーないか。

 

「私、チョコレートファクトリーにはいくけど…その気ないよ?○さんもチョコレートファクトリーにいきたいっていってたから…一緒にいこうかっていっただけで」

 

車に乗るのを渋った。駐車場とめて地下鉄でいこうよっていったりもしたが、そうなると駐車料金気になる訳で。

 

職場仲間というだけで親しくないし。まー、最悪飛び降りよう。根負け。

 

チョコレートファクトリーにいって私は楽しんでいたがなにをいってもつまらなそうなのでテンションがた落ち。

 

渋々車に乗ったら五分しないうちに赤信号で停止した時「最初は援助でもいいからつきあって」といわれ「値下がりするのかよ」と思いつつ「無理無理」

 

つか、何?最初は援助でもって。今まで女とつきあったことないの?といったら、援助交際みたいな感じしかない、と

 

そんな状態ででかけても楽しくもなく。お土産買って帰ろうといった。ふつーにお茶かごはんか考えていた。車に戻って最寄りの地下鉄駅に停車。「俺帰って寝るから」

 

はぁ?

 

や、いーけども、私もあんたといて楽しくないから。

 

だいたい車で来ないでっていったのに車できたくせに。つきあえると思う訳?ばかじゃない?

 

逃げるくらいはできる男だったから乗ったけど。

 

降りようとしたら小銭を渡された

 

「え?これなに?」

 

地下鉄代だって

 

ばかにしすぎ。まぁくれたからもらったけど。

 

チョコレートファクトリーいってみたいとかも女同士で話してて「俺も」ってきたくせに。
チョコレートファクトリーってなかなか男一人では難しいよねってみんなに押されていくことになっただけ。

 

なんか思い出す。

 

典型がひとつ。
元カノや、既婚愛人もち、愛人がいた系で
その女をダメ出ししたあと口説きに来る。
いや、もしわかれたら私もそうやってダメ出しされんでしょ?無理無理

 

五分でわかる、ダメ出しダメンズ

 

あと「何様のつもりだ」という男はアウト。それが他の人の悪口であっても。気持ちのどこかでオレサマだと思う

 

 

胱炎で痛い。尿はだいぶでてるけど、抗生物質で下痢。

 

ゲムしてて、BBQのバトルイベで、女の子が「お姉さまのお肉もとてもおいしかったですわ」といった。

 

なんと恐ろしい子だろうね((((;゜Д゜)))

 

シンデレラが、王子と結婚した後姉だっけ?目玉くりぬかれるじゃない?

 

あんな感じで。
シンデレラが姉や継母を生きたまま肉を切り取りBBQをしていった一言に変換。

 

微熱なので許せ
絵やマンガにしたら閲覧注意だわ。
生きたまま、が、ポイント。
かつて首をはねて、それから何秒だかは生きてるから首なしの自分を見せられて死に至る戦場より残酷な…
頭にいたのはダッキ。ホウシンエンギね。

 

ではお昼寝ダウンです。
気圧か膀胱炎かとにかく今は不調。起きてようと思えば起きていられる程度。

 

 

 

乙。今朝名前を変えようかと思った。
いや変える必要はないのだが、ミュージシャンみんなこの名前で知っていて
私はもう音楽からも離れようかと思っている。ライヴとかね。

 

もう、追いかける力がない。次から次へとなにかが起こって、疲弊していく。

 

絵だけは譲れない。譲らない。
膀胱炎でそこまで落ちるなよとおっしゃるかもしれない。
でもね、きついのよ。朝7時過ぎにでて、12時過ぎに帰宅して。土日様子みなくてよかったと思った。

 

相変わらず目眩はしてて、今日はゆーっくりすっころんで。

 

笑っちゃうくらいだったけど、同時にあかんな、と思う。
ドアひいたとかじゃないもの。
ゆーっくりすっころんでんのに、受け身とるとかなんもできなかった。
ゆーっくり、というのは、座椅子がうしろにあって、「あー…」ってなんにもないのにふわーっとなって、お尻がちょうど座椅子の背もたれにのって、座椅子が倒れると同時にあたまが座椅子の足をのばすあたりに。クッションもあるので、痛みはなく、そのまま座椅子倒れてくれりゃいいのに戻ってしもて。
お尻が背もたれにあがった状態。だからゆっくりなの。痛くもないし。ふかふかしてた。でも何もできなかった自分がいた。