自由を愛する!そして出会いを制したい!

出会い系アプリで活動するメンバーの実態ブログ

MENU

自由を愛する!そして出会いを制したい!

生きることは必要だ。その為に働くことも。

 

私は「もうまともに働くことはできない」といわれて10年経過した。

 

治る予定だったものが治らない。で、精神科。

 

市立内科では「くしゃみや咳で便がでても一生つきあってください」といわれた。いや、生活できないでしょ。オムツ生活とか( ´△`)

 

病院を変えるということがとても大変なことになり、多分江別にいることになる。

 

自由を愛する!そして出会いを制したい!

プロになれ

 

最近いわれなくなってきた
それは私が自由でいたい気持ちを理解することができた、と思いたい。

 

たとえば、リアル画。伴うデザインを著作権に反することなく考えなくてはいけない。
画力的には食っていける。実際結婚式のウェルカムボードを描いた。

 

私がmixiやってガラケーでいる間はネット発注も可能にはするつもりだが
将来的には、個人的にリアルな付き合いがないと発注を受けないつもりだ。親しい必要はないが、手広くやれる体が、今回の膀胱炎でないと思った。

 

同時に不安障害。有名になりたくないのは昔から。
描ける限度量が増えたのは事実だが、今術後で図書館で資料あつめたりがまだできない。重いものもつなって私は本やから…重いものなわけで。

 

そうなってくると術前の慌ただしさと、術後の体と膀胱炎で、最初から5月は仕事受ける予定なかったが、病院にいくだけで精一杯。
多分切り絵系のポスターやカットのお仕事なら一生できるが(著作権に反しないことが私的には手軽。背景か枠ステンドグラス調だからきまま)
リアルになると一生コンスタントは無理。写真を描くのはできるのだけど、それをデザインする必要がある。
例えば花。道を歩いて咲いている花をとって描くとなると、市内に咲く花しか描けなくなる

 

そういうわけにはいかない。

 

デイジーがすきだといわれて図書館からデイジーの花の図鑑なりを借りてきて作っているのだよ。ネット画像は結局まんまは使えないの。著作権に反するから。刀の持ち方とかも腕の角度とか変えないといけなかったり。私がお金を受けとる以上、そういうことが必要になる。

 

デザインとはそういう仕事。

 

資料を探して借りてきたものの、イメージが合わないわってやめたり。そっちの作業が大変なのね。
別に、リアルな付き合いでそれで食っていくって訳じゃないなら問題はないの

 

次にクォリティ
自由でいたいからあえてデビューとかしない方もいらっしゃるように
質を下げたくない。描けないときは描かない。それが仕事で締め切りがあって、それが終わっても次があってリアル画ばかり描いていたら気狂うなって思う。

 

みんな、手に職を、なんとかならないかという。

 

でも自由でいたいんだ。そして将来考えたらやっぱりこれ以上手広くするのはどうかなと思う
賞を重ねて美術会員になる道はやめた。

 

私のスタートは喜んでもらうこと。そこにブレはない。

 

そしてプロ(食っていける)になるということは、体の声をきいてやれないから、結局ドクターストップになる。
自分のペースで体の声をききながら、歩み続けたい

 

昨年のカレンダーがミツウロコ。

 

たまちゃんを描いていたら、花輪くんちにある絵で、まるこが青いひとが飛んでるのがすきといった回がある。

 

あのとき、たまちゃんは「青いひとが飛んでるって…まるちゃん」などと思っていたが

 

シャガールだったかな。花輪くんがいってて、本当にあると気づいて「まるちゃんごめん」と思った。

 

なんかさ、たまちゃんって私とは合わないわ。なんだかまるこをいつも心でバカにしてて、上っ面の仲良しみたいな。

 

世の中そんなもんといえばそんなもんなんだが、性格がいいとも思えない。

 

日常を描いてるとはいえ、たまちゃん推しはどのくらいいるだろうか。なんか優等生でかわいいかんじだけど、そういうとこが人間味あってすきというひともいるだろう。

 

そんなことをおもったらたまちゃんを描きたくなくなりました…描いたけど