医者の言葉は重い!結婚も望めないし出会いは無理なのか?

出会い系アプリで活動するメンバーの実態ブログ

MENU

医者の言葉は重い!結婚も望めないし出会いは無理なのか?

婦人科病棟。
初日にきかれた、いろいろなこと

 

30歳で出産、育児を諦めるよう「内科」でいわれたといったら、ナースびっくり。
その後「一生まともに働けない」といわれた。

 

こども好きというか、女性に生まれたからにはやってみたいこと、教師を断念したからこそ教育に関わりたい、そして育児奮闘していたい。こどもは大学時代からほしかった。(考えたら無理なのわかってたし、やはり両親は必要だけど、私に結婚願望はなかったのでぼやくくらい)

 

婚約した先に頭にあったのはこども。

 

だから絵を伴侶と思うようになるまで数年かかっており、その間誰にも相談せずにいたと思う。話すと泣いてしまうから。

 

体調くずして社会からドロップアウトした辛さに比べたらやや軽い。

 

医者の言葉は重い!結婚も望めないし出会いは無理なのか?

だから今回の子宮全摘に関してさほどダメージはないと思う。他の女性に比べて。

 

私は自分の中で処理完了しないと言わないタイプの人間。

 

最初の主治医はPTSD以外専門外を口にして、それはまぁ当然なんだけど(次回9月診察予定です)
最初の精神科医は内科に関し「専門外」と、漢方アウトになってから毎回口にする。

 

専門外専門外専門外。

 

毎回薬をチェックする医者はいない。
他科増減薬を話すってなかなかない。
あっちではこういわれました、こっちではこういわれました

 

今回は入院する前に病院統合してたので説明が楽だし、なにかあったら医者を呼べる。「専門外」だから、呼ぶね、って。

 

今回の入院で私のことが婦人科だけどカルテで確認できることも多い。

 

それだけのことを学んだ。ロキソニンきかないのも残るだろうし。

 

薬が万一なくなっても、他科でも医師に連絡して処方可能。

 

入院中の薬剤師も「のんでるの、現在うちだけですね」って。
ほんと楽~。

 

病状説明とか手術にあたりいわなくても、わかる医師がいるから軽くで済む。

 

親友にもそういう理由で、市立で手術にすると伝えたもの。体あちこちこわさなきゃこうはならない。

 

とにかく私のデータを残す。だから、もし、二科以上受診する方は、統合をオススメする。
私が手術きまって、内科でMRIの画像をみて、膀胱の潰れ具合と、子宮の大きさがわかるのでセカンドオピニオンのように話ができた。

 

で、今回書きたかった医師のセリフ。
うちらは筋腫とかで開腹手術するじゃない?私にはいわなかったけど、別のベッドで多分痛みを訴え寝てばかりの人に言ったと思う。「帝王切開で出産した人が術後3日後には入院しながらお乳あげてるんだよ?」
婦人科だからいわれるのだろうが
「私場違い?」って赤ちゃんの泣き声に思う年齢(同棲なのか既婚なのかはしらない)。
だから、痛み方は十人十色と私が苦しかった時に余計に思った。
他人と比べて、そういうのはどうかと思う。

 

ナースがいうのと医師がいうのとでは違う。判断するのは医師だから。
ナースには特権がある訳じゃない。
医師に意見できるのは医師しかいないのだ。薬剤師がこういっていたくらいしか言えないし。

 

そのひとはこうもいわれていた。「自分の勝手な判断で薬を使う人が多い」
鎮痛剤もらえないから勝手にのんだのか知らないけど、返事もきこえなかったから、なんかしたんだろう。
私は「薬局に自分で治そう」って薬剤師を頼りにあんまり病院にかからないようにしましょうみたいなポスターありますけど?

 

アメリカとか自己責任だし。

 

「医者に見捨てられた」といったい何人にいわれただろう。それが私の現実。

 

私は、入院中、いわれたことに対し超ぐぐってました。理論武装はお手のもの。
ただ口論は激しく精神力を浪費するから避けたい

 

精神科にマクサルトを貰いにいった。
頭痛がかなりなくなって酷いとき四時間おきに成分変えて薬をのむくらいだったのが、1日一回のむかのまないか。腹痛でのんだことは帰宅してからない。
初診の先生に代診だったのだが、新しくはいったのだろうか?「困ってることはありませんか?」を数回きかれた。違う先生に薬を貰うから何も考えてなかった。体調と薬をくれというだけ。よさそうな先生ではあった。

 

 

私の婦人科主治医スネ夫(術前つけたアダ名)

 

私が手術決まる前産婦人科受付にいて、気がつかないはずないだろう…が、私がなんとなく挨拶できずにいたら通り過ぎた。
歩いてるときも文句ありそうな顔。

 

手術のための検査で先生待ちをしていると、ドジナースがやっちまって、「だから信用ならねぇっていってんだよ」といった。怒気を含む言い方で、股広げた向こう側に医師がみえていて記憶された。

 

背が低いのもあるが、多分面と向かって文句いえずに体を丸めて俯いていたから見えたのだとおもう。今思うと、そういう文句の言い方しかできないのは小心者。スネ夫はのび太にそのような言い方しない。よってスネ夫ではないなと思った。

 

外来では常に不機嫌、基本的にPCを見ており、説明の時だけチラチラみる感じ。今も変わらないが、それは私が男性苦手起因による部分も大きかったのかもしれない。

 

凸と凸。

 

先輩医師に呼ばれたらすぐ来る。それがスネ夫に似ていると思った。

 

診察。

 

はいった。出た。
もうそんなかんじ。腹痛で鎮痛剤をのんでないことをいったら、つぎ検査。
入院中も三回程しか会ってないが、嫌いじゃないに変わったので、私が多分凸ってなかった。
不機嫌なかんじもあちらはなかった。

 

検査の時、お腹のなんたらテープ「もう剥がしていいからね」とお腹確認して手を離してから言われた。
これもあとから気づいたが「タメ口」。基本的にタメ口好きなんで。あちらも意識してない証拠。
いや、2、3ヶ月は貼った方いいってナースが…傷痕が綺麗になりやすいって。(薬剤師曰く、男性だからそういうところがわからないのだろう)

 

外来二度目のタメ口。一度目は手術の相談で医師によばれてきて、私が手術はお手透きの日で構わないと言ったら、自分で決められるのが嬉しかったのかテンション高くなった。

 

なぁんも考えずにこれきかなきゃって紙を握りしめて中待合で待つ。時々解離してるみたいで落ち着かなかった。

 

検査の時1cmくらいの血の塊があって「これくらいなら大丈夫」といわれてた。血の混じったおりものがでてたから、私にもわかってた。

 

問題ない、病理結果はまだだから三週間後にきたときに、また。

 

き、きかなきゃーっ

 

乙「お風呂はいつから?」スネ夫「三週間後みてから。次」
乙「歯医者はいって大丈夫ですか」
スネ夫「歯医者はいっていいよ」
乙「私キシロカインだめなんで極力麻酔なしの、たえられますか?て聞かれながらの治療なんですけど」
スネ夫「お腹に力が入るわけじゃないだろうから」
乙「いや…入ります(全身MAXで耐えたりします)」
スネ夫「それはー…任せるよ」(ちょっと笑ったようだ)
乙「はい。いちお、OK、と。筋トレは?」
スネ夫「次。」
乙「ストレッチポールにのるのは?」
スネ夫「それくらいならかまわない」

 

一応軽い運動と力仕事ではない仕事ならできるそうですが、もう退院してからやっちゃってました。腹筋は使わないように。

 

多分OKとか次とか書いてるの、スネ夫ガン見してたでしょう。手に待合で書いた絵をもってたらそれから目をほとんどそらさず説明してたし。
きっとメモについたマステが「テストに出る」という模様なのもみていたでしょう(文具福袋)

 

私が聞き終えて「えーと、じゃぁ」と何もいわれてなくても「用件済んだ」ので立ち上がろうとして、一瞬、まだなんかある?とばかりに私がみたら、スネ夫は軽く頷いてPCに顔を向けた。
バッグをもって、なんかいわれて振り返りつつ「はぁい」といった。油断してる時の返事。多分「次三週間後ね」かなんかいわれたんだと思う。スネ夫もこの返事には慣れたろう。術後翌朝きたとき、「はぁい。ありがとうございまぁす」っていったし。お前ほんとに40か?的な。

 

会計が済んだら病棟にいった。アンケートをいれて、事務じゃなぁ。このひと薬剤師…と、PCのとこにかわいいナースがいる。(20代後半か30代)視界に入らないかなとみていたら気がついて、私だと気づいてにっこり笑ってきてくれた。

 

ナース「診察終わられたんですか?」

 

喜んでもらえるなら、と。退院したらそれまでだからナースってちょっぴり寂しいね。だからきていいものかもわからなかったけど、付箋とかみたら今いないお世話になったナースとかも元気なんだってわかるし、絵をもってきました。

 

診察。スネ夫ね。あたしもうスネ夫と思ってないけど、入院するまではずっとスネ夫でいいとこも全然わかんなくてやだった。今終わって、次三週間後だから、その頃一週間分くらいもってきますね。

 

スネ夫ねー。
外来でいつも不機嫌、ナースに文句いった話。
でも、そのドジっちゃったナースに面と向かっていわないで俯いて背中丸めて吐き出してた小心者なんだね。
最初に本音をいってから、「いや、○○」っていうから本当は素直。ひねくれちゃってるだけ。

 

浮気できないだろうなぁ

 

ナース笑いながら「私たちも医者にツンツンされちゃうと、ね」

 

そうそう
人に好かれようとかないでしょ?そういうところも私は好感もてるの。好かれようとしてる人より信じられる。好かれようとしないから言えることがある

 

そして小心者。(二度目のこの言葉に思わずナース笑う)

 

だってね。術後寝返り打てずにいたときにね、朝きて、誰かきたのはわかったんだけど、入口近くでとまって、それから少し進んでとまって、私が見ないから私の視界に入るように歩いてとまって、寝返りうてたかきいて、子宮とりましたからっていって帰っていったけど、動きが完全小動物。

 

素直なのにひねくれてたり、なんかかわいくおもえちゃった。

 

というとまたナースは笑った。そうやって「人に好かれようとしない」ことまでみれるひとはなかなかいないといわれた。
ナースから好かれてないのはスネ夫と言って皆「似てる」っていったあたりから理解できる。

 

アンパンマン先生の話も軽く。来てるもの赤いし。
「だから付箋あったんですか?」どうやら本当にしばらく飾られていたらしい。
うん。アンパンマンを描こうと思って、アンパンマンみたら、アンパンマンの顔の汽車にアンパンマンのってたんだけど、その汽車が「さっきこの人みた」と思ってと笑った。

 

アンパンマン先生がほんとに飾ったなら(お持ち帰りしたでしょう)嬉しかったんだなって思う。

 

また三週間後もうスネ夫じゃないけどスネ夫診察の日に、と帰ってきました。

 

産婦人科の医師になる男性はなにが動機なんだろうと思う。
こどもがすきだったら堕胎しなきゃいけない辛さもあるだろうけど、基本的に子供が好きか不純な動機だと思う。もちろん適性もあるだろうけど…

 

アンパンマンは私がアンパンマンに見立てるくらいの人だから、こどもが好きそう。
スネ夫は?ツンツンして普通の男性よりエロスなの?触診は何も感じなかったからベッドは上手そうだけどね。どこ手で触られても別段なにか感じたことがないので(不快感や痛み)かなりソフトなひとなんだと思う。

 

まぁ男性だからエロいのはエロいのだろうけど、そういういやらしさみたいのは一切感じない。必要だから、丁寧な言葉もかけてちゃんとしてくれているのだと思う。

 

それが前面にでれば、不細工ではないから、モテると思うけどな。
世の中うまくはできてないようです。あのナース不人気はいかがなものかと思うよ。