病院通いでも出会えるのか?

出会い系アプリで活動するメンバーの実態ブログ

MENU

病院通いでも出会えるのか?

どうやら私の新しい精神科医はかなり不評らしい。
きかれたので

 

入ったら「どーもどーも」って感じで、
私が「○月にMAXだしてるからそれそのまま出して残ったら退院後なくなるまでもらわない」とかいうので、医者として「それだけしっかりしてると僕も楽」という。
タメ口嫌いな患者や、信用できるできないにこだわる患者には合わないだろうが、よくいえばフレンドリー、悪くいえばちょっとチャラい感じが私には合う。歯医者っていえば頭かかえて立場逆転できるし。

 

この精神科医主治医に会うのは退院後初なので、兄がきたことは記録に残っているのを確認して
ナースとのやりとりが(ナースが悪いのでなく)酷くストレスだったといった。解離しそうで不安だった。日中はただひたすら絵を描いていた。
病院通いでも出会えるのか?

ことを伝え、私のいままで取り扱われてこなかった過敏の話とここ数年でできなくなったことをリストアップしてみせた。

 

何を感じたかはわからないが過敏に関しての薬があるらしくお試しでのむことにした。神経症、過敏症の薬があったのか。とくに副作用もないがききめもあんまりだけど試してみて…って(οдО;)

 

「これだめだって思ったらやめていいからとりあえず朝昼晩一週間続けてみて」

 

慢性胃炎、過敏性腸とかにもいいらしい
なぜこのタイプの薬がでなかったのか逆に不思議だわ

 

 

男性とのコミュニケーションができないから、援助があっても人とのコミュニケーションができないに過去○された話もした。

 

乙「先生の顔もまだ覚えてないんですよねー。こんな顔だったかなーって」
医師(あだ名はまだない)「いーよいーよ。覚えなくて。ここにきたら、いる。それだけで(十分)」

 

思わず笑った。アンパンマンとスネ夫(便宜上まだ使う)しか覚えてないって話して

 

医師がどっちもどんなだったかなーみたいだったから、産婦人科の。入院してたから。
「あぁ」とうっすらおもいだしたようなので
「○はスネ夫みたいって最初思ったけど、いい先生だね。アンパンマンもいい先生。ようやくふたりみつけた。」

 

帰り際「スネ夫面白いよ。先に本音いってから、ものを考えて言う」といったら爆笑。
医師「今度気をつけてみてみる」
私は頷きながら退室。

 

そんな感じだから、私は別に、だった。

 

薬剤師に「合理的だから」といわれた。
確かに昔は合理的にすすめるのが好きだったが
合理的なんていわれたの初めてかもしれない。

 

他の人はかなり薬剤師さんに愚痴ってるらしい。
平気で「僕忙しいから」とかいうって。話をきいてくれないと期待を裏切る。
そもそも私は期待などないし、副作用的にはどうなのかとか、解離してやらかしたときのための保険みたいに思っている。医者に壊されてると感じてる(最初の内科主治医とか別ね。最初の精神科医からが「壊されてる」と感じる)から、別にこいつでいい。ああしなさいこうしなさいいわれると壊れる。かえって楽。

 

頓服残薬あるものを紙に書いて、いい始めたら「ちょちょちょちょっと待って」と焦らせてしまったので「多分頓服マクサルト以外全部残ってると思うんですけど、先生紙みた方が早いと思います」(PC操作)とメモを渡して待ってたな。話すよりずっと早い

 

 

 

内科。
二番目に呼ばれた。入院あってか肝機能回復傾向、あとはぼちぼち。

 

入院中どうして高血圧の薬がでないのかきかれた話をし、過去、寝てる時と起きた時の血圧の差が激しく目眩の原因とされたが、もらった血圧の薬で立てなくなって即やめになった話。

 

今日は血圧普通。
医師は「ここにきてるときだけ血圧が高いのであれば問題ないのよ」といった。
脈拍はハリで言われるけど血圧はとくに言われてない。なにかあれば言われるはずだからそれほど気にしてないと話したら頷いていた。

 

大腸が人の1.5倍ある。そこ考えたらきりないからやめましょうといわれた。いや思い出したからいっただけ。

 

あとは膀胱炎になりました、産婦人科で受診完了を伝えた。

 

…以上。

 

医師「咳はどうなのかしら」
たまに激しいのがでるがPLのめば1日か2日もあればおさまる程度で、微熱続いてるのも本来PMSだろうからあり得るといったら医師も頷いていて、

 

医師「私は次回7月にきてくださいといえばいいのかしら?」
と、いわれた。
だろうね。PLだしといて。(7月まで7日分あれば十分)多分術後体調はよくなってるし、7月きた時も安定してますというでしょうと答えた。

 

内科医に好かれているかは不明。

 

 

で、婦人科受診はなかったのだけど、この薬剤師さん産休あけで、しかも担当スネ夫。
看護婦に嫌われてるといったら、そうなの?って。

 

アンパンマンは目おっきいよね、しかもあずき色みたいな服きてるからよけいアンパンマン色だったんだろうなぁと笑い、奥さんが麻酔科医で間違いないことが確認された。

 

前にいた先生からスネ夫に変わったとき、時々ちょっと思うことはあったけど、病棟と外来とかなりハードに仕事してるから仕方ないかなといっていた。一番患者をみているのがスネ夫。
看護婦に「小さい先生」っていわれたっていたら、薬剤師「ひどーい」って。
入院中もちょっと「大きい声では言えないけど」ナーススネ夫悪口いうし、「スネ夫に似てるー」って、スネ夫に似てるてどう考えても誉め言葉じゃないからやっぱり嫌われてて、「医者にツンツンされちゃうとね」とやんわり言うナースもいて。

 

でもほんとはいやな人じゃなくて、ちょっと小心者で、顔みて悪態つけないから、背中丸めて俯いて検査前に文句吐き出して、丁寧な言葉遣いで検査したんだろうね、って話をした。わからなかったし、嫌いだったからすっごくやだったけど、今はいい先生ってわかってるから。
薬剤師も頷いてほんとにいい先生、という。

 

私も入院しなきゃわからなかった。最初の回診も、ナース連れてちっこいのがふんぞりかえって裸の王様きたって思った。

 

でもいったことはちゃんと覚えていて、それってほんとに凄いことで、言わなくても「入浴は可にします」とか、きかなくてもいってくれるようになった。どういうわけかすぐ呼ばれるんだよね、

 

前回も入って座ったの数秒で診察っていわれて「私今トイレいこうとして慌ててこっちきたんで、トイレいってからの方いいですよね、中待ち合いで待ってたらいいですか」っていった話をしたら
薬剤師「そう、全部いうもんね、合理的」

 

退院してからの受診、きくことは紙にかいてOKとか次とか書いて聞き終わったら帰ろうとしたし笑

 

それが合理的らしい。

 

何度も同じこときくタイプじゃないの。メモしまくりなの。

 

この間の診察の話で笑う。月末に入ってるの忘れて、1ヶ月後の定期検診と勝手に思い込んでスネ夫全部やってしまって、
四週後に定期検診のつもりだったら膀胱炎できただけだったと気づいて俯いてふーってながーいため息。
私が「必要なければ月末こないで四週後定期検診にきます。受付にいいます」っていったら「そうしてもらうかなぁ」っていったのも、全部いって「合理的」なんだそう。医者だからもっと他に偉そうないい方してもいいのにね、ショックだったんだなぁっていうのがさつたわってきて。

 

確かに多分私早いから一人でも待ち患者減れば気、楽だしね、だからすぐ呼ぶのかもしれない。

 

完全タメ口で、前ならナースにものとらせるし、何をするかいうんだけど、そこみられて立ち上がって「綺麗だ」って声あげられたらなんだか恥ずかしいし、何をするかも言わずにやってるから、何されてるかもわかんなくて。という話に薬剤師、恥ずかしいし、何されてるかもわかんないのはこわいかも、と。

 

でしょー?

 

そんでもっていきなりおなかみるって、子供がスカートめくりでもするみたいにいきなり服めくられたらびっくりするよ。ほんと「デリカシーには欠けるよね」っていったら、薬剤師も同意。

 

ただ一度も言葉の乱れもなく彼女には丁寧だったそうで、私が「珍しい」タイプ。

 

膀胱炎になったらまたおいで、というニュアンスで帰したのがほんとにレアらしい。
薬剤師さんには「申し訳ないけどそれは内科」とかいったみたいだし、私も膀胱おされて尿もれするようになったのも術前は泌尿器科いけいわれた。

 

私が初めての膀胱炎でよくわからなくて、不安だったことを感じ取って「僕が診るよ」っていったんだと思う。

 

妊婦からも相当文句がでまくってるようです。忙しさからか気分にムラがあるようで薬剤師からは理解できる範囲だが、普通の妊婦は不評とのこと。

 

「誤解されやすいタイプだよね」って私がいうと、薬剤師もそうそう、ほんっといい先生と言った。

 

なんだかね、私は似てる気がするの。スネ夫と。

 

あたしはあたしが男性苦手だからね、スネ夫に見えたんだって思ってた。みんなそうなんだなって思う。彼は最初と違って今は少し笑ったりもする。笑顔は見たことがないけど。
だから私は、素でいられる患者なんだと思う。

 

言葉足らず

 

よくいわれた(そのくせ私は一言多い)

 

スネ夫も言葉足らずなんだろう。

 

デリカシーに欠けるよねなんていったけど、私は欠けるどころか皆無。

 

空気は読まない。

 

人に好かれようとか思わない

 

そういうかんじが似てる。
検査して下着はいてたら呼ばれたことについては薬剤師も笑った。
隣だから、いまいきますって聞こえてたろうねー…って

 

薬剤師さんね、男の子産んだんだけど、いつも「ちょっと大きい」っていわれてたんだって。
必ず「ちょっと大きい」、その「ちょっと」のなかに優しさがあるのだと言った。本当はかなり大きい子だったようなのだけど、「ちょっと」という中に優しさがあるって素敵な話をきいた。

 

きっと本当は子供がすきなのかな?そこまではみえてこない。
でも命をとりあげる仕事がいいと思って産婦人科の医者になったんだったらいいなと思う。

 

中絶とか仕方ない場合は仕方ないけど、そうやって産婦人科の医師になったひとは本当に「望まない妊娠」は辛いだろうな。

 

 

 

「乙は損をしている」

 

 

よくいわれた。対男性イガグリ。もっと上手に生きろといわれて、損してると思ったことないし、本人が損かどうか決めるもの。他人に言われる筋合いはないといったが

 

スネ夫は損してると思った。永いことそんなことは思ったことはない。ただ、あれだけの嫌われっぷりは、お仕事の上で自分でやりづらくしてるような気がするの。

 

あの日、吐き捨てた「だから信用ならねぇっていうんだよ」の後に、ナースの謝罪はなかった。以後気をつけますとかすみませんとか、なかった。あの時は、術前検査でそれはないと青ざめてしまったが、いま思うとそんな言葉すら構われてないのだろう。吐き出さないと検査で私に優しくできないから吐き出したのだろう。

 

今ならわかるよ。
でも、もう、手遅れかなぁ。ハードにスケジュールこなして妊婦や患者、看護婦に陰口叩かれて。病室でも悪口飛び交って。
だから私のあっけらかんとした「ありがとうございまぁす」とか嬉しかったのかもしれない。

 

市立にいる間はお願いしますね、スネ夫せんせ。

 

 

病人なので、歯医者を含め毎週今は病院にいっている。

 

先日の婦人科も書いてないね。

 

絡めつつ、きっとうまく絡めらんない。読み返したら削除する性格

 

医学生に私は好感をもってない。ろくなやつがいないと正直思ってる。
偏見許せ。偏見なのはわかっている。

 

原因は、私の写メをみて会わせろと友人にいった医学生だった奴ら、みぃんなクズだったからだ。
「眼鏡かけてるなんてきいてない」
なんてやつもいた。
ろり顔で腰をくねらせ「ねぇん起きて?」っていうのを想像してやってくる。
みんな偉そうに俺は医者になるから金持ちになるんだといわんばかり。
友達のごめんのポーズに、当時生姜アレルギーなんてなかったから「今度ラーメンな」とため息をついていた。

 

出回った写メが出会いサイトにいたほどだ。

 

まぁそれはいい。

 

医学生と初対面でなにはなす?あっちはカラダが欲しいってわかってる。彼女にしてとかあるかもしれないが、「あいつじゃたたねーよ」って影でいわれるくらい。
体調悪いのは友人にきいてるよね?から始まる。

 

たかが医学生じゃないか。なんでそんなにプライド高いのかな?そもそも私に最初から医学生を伝えるあたり、それが武器なんだろうが。お仕事はどんな?とかもきけないじゃん。薬の話をよくした。
どのくらい体調悪いかきくからさ、のんでる薬のつっこんだ話をしたわけ。
まぁ、わからなくてもしょうがないよね、医学生で勉強中なんだし。いつか素敵な患者想いの医者になってほしいなと言った。
でも、こいつに医者になってほしくないが本心。医学生を武器に、友人を困らせてまで私にデートを組ませ(私はデートなんてきいてなくて大概仕事帰り)、うまくいかないと理解したら私を影でバッシング。

 

腹抱えて笑えるからいいけど。クズすぎる。当時の私の年齢からいって医学生30代、仮に医師になって研修医の期間が何年かあれば加齢臭漂うアラフォーで一人前。

 

医師の世界は甘くない。

 

故に医学生はろくなのがいないと思う。

 

私はペンを使いきるまで離さないことがよくある。
持てなくなると包帯で固定してまで描いていた高校時代。いつだって腕はぱんぱんだが気にしたことはない。描く前に必ずぺんだこのところに絆創膏かサージカルテープをぐるぐる貼った。痛くなるから予防。

 

そんな話を知り合いにしたら、知り合いの友人の息子が医者を目指していて、ボールペンを握ったらインクがなくなるまで離さず、勉学にいそしんでいるという。そこまでしないと医者になれないんだ…て知り合い。
その息子はボールペンを握った手が固まって、父親に外してもらいにくるらしい。
「やるな」というのが私の感想。
5mm使うだけでも僕らは凄いことに思うといったから、私は昔描き始めるまえに、インク軸に線ひいて使ってましたといった。目に見えて減る。油性ボールペン1日1cmは普通じゃん?なかんじ。

 

普通に勉強してても減りましたけど?

 

あれ?

 

私の感覚おかしいの?

 

その知り合いの友人の息子には親近感と、がんばれって気持ちが芽生えました。
でも実際いい医者ってなかなかいない。

 

さぁ、実名だして江別市立病院。

 

産婦人科医師三人しかいないから、もうスネ夫が誰かもみんなみたらわかるわ。アンパンマンとスネ夫。

 

どちらも今の私にとっていい医師です。主治医スネ夫はわかればいい医師。

 

説明不足がちなので説明を求めればきちんと回答してくれると思います。

 

がんばれワカゾーといいたくなるけどワカゾーではないよね?研修任されてたりするし。

 

溢れんばかりのワカゾー感。笑えます。年近いんだろうなぁと思うと笑えます。どーやったら出るんだよ、ワカゾー感。

 

先日の婦人科。
別件だから別の医師がみたのに、なぜかスネ夫(便宜上スネ夫と書いてます)に変わっている。

 

スネ夫は私のことが多分好きだ。恋愛とかじゃなく。素でいられるってかんじ。
故に面白い。スネ夫と思ってた時期が長いだけに、可愛い。

 

四番目に私の番号が表示された。先生がカルテ開くと番号がでる仕組みだと、膀胱炎の日に知った。表示されて待ってたら消えてさ。初診先生がカルテ閉じたからと教えてくれたのさ。
焦ったわ。血液検査に回されるまで落ち着かなかったわ。

 

因みにスネ夫の診察の時はなかなか面白い。前に精神科いって戻ったら番号でてて、おい、私、今きたのに中待合にもう呼ばれてんのかい。

 

受付に「あのー、スネ夫先生、いつ呼ぶかわかんないから今来たけど中待合にいたほういいですよね?」といったら、受付も「乙さん戻られましたー」って叫びながら「そうですね」って。

 

戻るより先にカルテ開かれてるって…(術後なのでお互い気心知れたような間柄)

 

椅子に座って、二人の妊婦さんのあとだろうと足を伸ばしたら呼ばれた。

 

会話きいてた妊婦さんが「なんで」って感じでみていて申し訳ない。ごめーん、先生、なんでか私をすぐ診るんだわ。

 

 

さてさて先日もつぶには書いたけど、膀胱炎引き継いだスネ夫。カルテひらいて四番目だからトイレにむかってドア開けたら「乙さんどうぞ」
まじ?
トイレ待ってる妊婦さんに、すみませんどうぞ、って慌てていった。

 

状況いって「診察」

 

「あ、今、トイレにいこうとして慌ててここきたから、トイレにいってからの方いいですよね。中待合で待ってたらいいですか?」

 

椅子に座ってたの数秒じゃん。スネ夫、今日は髪はねてるね。横顔しか記憶にない。その時間で会話が終わるという。

 

お互い楽なのだ。ぶっきらぼうに、指さして「じゃ、診察」ってPCみてるのが阿吽の呼吸のよう。

 

検査前にトイレにいくのは婦人科では当たり前なのね。

 

膀胱炎できた日、診察直前にトイレにいかされたから、我慢してたのよ。今日は診察前にナースこなかったってトイレに向かったんだもの。

 

私がトイレにいって、中待合にいる間にスネ夫は次の患者をみている。それを知ったのも術後。
だから検査準備できても、待たされることもある。

 

私みたいに話が楽だと先にやっちゃうのもなんかわかる。溜まってるお仕事の中で、数がひとつ減る方が気持ちとしても楽。

 

検査準備完了したらすぐにスネ夫がきた。
実はあんまり覚えてない。深呼吸してー楽にして
委ねていた。

 

痛かったけどね。なにをみてるかすら知らない。

 

心に残ったのは
「よしっ綺麗だ」(出血もないといっていた)

 

あのー、そこの検査で縫合が綺麗だという意味なんでしょうが、そこ綺麗だとしかいわれたこともありませんが、なんだか恥ずかしい。カーテンのむこうでガッツポーズしてそうな。

 

素、なんでしょうね。声が違うんですよ。スネ夫時代と。
スネ夫時代は「クスコ」とか、ナースにとらせるんだけど、必要なものを自分でとっているようで、何いれてんのかわかんない。ナースは機嫌がいいと思うだろう。

 

「おなかみせて」と突然いわれ、むしりとるように腹巻きをあげる。乱暴じゃのぅ。

 

「もう(テープ)剥がしていいよ。1ヶ月たつんだし」とちょっとわらったようにいわれた。

 

ナースに傷がきれいに直るからっていわれてつけてるといったら「了解」。

 

スネ夫は私のいったことを忘れたりはしない。それは天賦の才能というものではなかろうか。
数いる患者の一言を記憶していてくれる医者って凄くない?

 

多分今までナースがいった通りテープをみんな貼り続けており(その方がきれいに治るっていわれたら女だもの。)その疑問がひとつ解決されたのではないかと思う。

 

しかしおなかみせてってめくるのはびっくりするね。スネ夫時代とはえらい違いだわ。

 

よし、かなんかいって終わり、身支度をしていたら私の番号が呼ばれている。
「はぁい、今いきます」
私は声が比較的大きいので(警備のバイトやってたし)、間違いなく隣のスネ夫にはきこえていただろう。ナースが急かしてごめんなさいねと鍵をあける。

 

「いぇいぇ」ニコニコ外にでて、呼んでた馴染みのナースに「のんびりしてました。ごめんなさぁい」と声をかける。
二人できゃっきゃ笑いあいながら診察室へ。相変わらず横向きスネ夫。ちらっとはみたんだろうが私は多分スネ夫に対してしない笑顔でナースと入った。
荷物をおいて「お待たせしました」と声をかけるとスネ夫はこちらをちらっとみて先日の先生から病理結果をきいたかときいてきた。
画面には筋腫の写真。

 

きいてないというと淡々と説明を始め、とくに悪性細胞はみつからなかったと結果を伝え、「入浴は可にします」と入浴可と打ち込む。私は頷いていただけで一言も発しない。必要なことを淡々と勝手にすすめている。私を見たのは多分二回くらい。あとはPCをみたり入力したり。「あんまり激しい運動はしないでね」前にきいたことに対する答え。

 

「次回四週間後定期検診」
入力しながら私に言う。

 

「えっ、あの、月末に入ってる予約はどうしたらいいですか?膀胱炎で今日きただけなんで」
「あっ…」スネ夫フリーズ
もう、1ヶ月後の定期検診だと勝手に思い込んで進めたスネ夫。ちょっとしまったーというように斜めしたをむいて息を吐く。

 

「あの、問題ないのであれば、私次の予約日にはこないで四週間後定期検診でいいです。受付にそういえばそうしてくれるし」

 

しばし沈黙。本来しなきゃいけないものを飛ばすというのもだめなことかもしれない。でも次にきてもやることはたいしてない。

 

重い口を開き「そうしてもらうかなぁ」と呟いた。

 

好印象。「してもらう」といういい方がとてもすき。医者の判断なのだから、多くの医者はこうは言わない。

 

「わかりました。では次回四週間後定期検診できますね。で、あの、膀胱炎の方は…」

 

あとは自分の判断でといわれたから、まだ菌が出きってないのはわかってる。大丈夫ということだろう

 

「一応大丈夫なんですね?私膀胱炎になったことないからわからなくて。」

 

スネ夫は「あー」と声をあげ頷いていた。
しきりに膀胱炎を気にしていたのはわからなかった不安からなのだと理解したんだろう。

 

そしていった。「またなったら…(おいで)」

 

「はい。またなにかあったらきますね」

 

僕が診るよという雰囲気を漂わせていた。和かな空気。私は会釈をして、笑顔で手をふるナースに笑顔を返して帰宅した。

 

市立でようやくふたり、いい医者をみつけました